古くて新しい風呂敷
風呂敷は使いやすいだけでなく地球環境の保全に役立つ

2020年7月より、日本でもレジ袋が有料化され、エコバッグを使う人が増えました。
制度改正の前後には様々な種類のエコバッグが販売されるようになり、
色とりどりで機能も充実するなど、丁寧な作りのものが多くなっています。

それでも、いまだに愛用できるようなエコバッグが見つからないという方も多いのが現状です。

そのような人におすすめなのが、風呂敷です。
風呂敷の良さは、変幻自在に形を変えることで、ある時はリュックとなり、
ハンドバッグとなり、防災用品としても活躍できます。

マルチなエコバッグ

そして、どのエコバッグにもまして軽量で、カバンのすみや
ポケットなどに入れておいてもかさばらないのがメリットです。

そのように風呂敷は様々な用途の入れ物に変化することができるので、
用途ごとにバッグを変える必要がなく、エコになることも大きなメリットです。

残念なことに最近では、衛生面などを考慮しレジ袋の必要性について
肯定的な意見も多くなっており、レジ袋の有料化をやめる国も出てきています。

それでも地球環境を考える上でも使いやすいセカンドバッグの必要性は増しています。
その点、風呂敷はこまめに洗って使いまわせることで、エコバッグ以上に
エコを追求でき、地球を守ることにもつながります。

風呂敷の使い方は非常にシンプル

風呂敷を使ったことがない人にとっては、四角い布を結ぶだけで
様々なものを安全に運ぶことができるのは魔法のように感じるかもしれません。

ですが風呂敷は、本当になんでも包めるオールマイティの入れ物です。
一番簡単なのは、四隅の対角線上にある角をお互いに結ぶことで
シンプルなバッグを作ることができます。

簡単に使える風呂敷

もう少しおしゃれ心のあるバッグを作りたかったら、一方の対角線上の角を結んだあと
他の2つの角を一つ結びの結び目にします。

そのあとで裏返すと手提げ部分が大きくとられたエコバッグに似たバッグが出来上がります。

加えてリュックにしたい場合は、布の対角線上の角を軽く結び、
それぞれの先端の部分を他の角と結び合わせ、リュックのひもとします。

このようにできたリュックは、金具などを用いていないため、
子供に安全に背負わせることができるメリットがあります。

風呂敷を様々なバッグに変身させるのに大切なのは結び方です。
特に真結びという結び方は、使用中にほどける心配がないので、
ストレスなく使用することができるはずです。

真結びとは、結んだときに結び目と結ばれた側の布がまっすぐになっていることが特徴です。
このような結び方をマスターすれば、レジ袋いらずです。

Copyright(c) 2011-2020 風呂敷を問屋で購入するメリット All Rights Reserved.