古くて新しい風呂敷
風呂敷のサイズについて

風呂敷は非常に便利なアイテムになり、さまざまな形の物を
自由自在に包むことができ、持ち運びすることができます。

風呂敷にはさまざまなサイズがあるので、サイズの知識を知っておくことで
それぞれ適した用途に使用することができます。

風呂敷のサイズの違い

尺三巾は約50センチメートルの小さなサイズになり、
ランチボックスやティッシュカバーなどを小物などを包むのに適しています。

お香典やお祝などを入れる袱紗やブックカバーとしても
使用することができる大きさになり、使い勝手が非常に良いです。

二巾は約70センチメートルの大きさになります。
風呂敷の大きさの定番のサイズになり、幅広い用途に使用することができます。

サブバッグ代わりや平包み・菓子折を包んだりするのに最適です。
二尺巾は約75センチメートルになります。

買い物袋に使用することができたり、瓶を1本包むことも可能で
多様に使用することができます。二四巾は約90センチメートルの正方形になり、
少し大きめの鞄の他に、テーブルクロスにも使用することが可能です。

三巾は、約100センチメートルの大きいサイズになり、
本格的な大きな荷物の運搬や、一升瓶2本を包むことなど可能になります。

素材ごとのお手入れの仕方

便利アイテムの風呂敷にはさまざまな素材のものがあり
手入れの仕方によっては、生地を傷めてしまうこともあります。

上品な質感がある絹の風呂敷は縮緬仕様になっていることが多いです。
お手入れ方法は、縮緬は水に濡れると縮んでしまう性質があるので、
ドライクリーニングが適しています。

絹素材のものはドライクリーニングの表記がされているので、
表記に従ってお手入れすることが大切になります。

風呂敷のお手入れ

絹は摩擦に弱いのでアイロンをかける際には、中程度の温度が良いです。
一般的に多く使われている綿使用している風呂敷の場合には、洗濯をすることができます。

繰り返し洗うことができるので、お手入れがしやすいことがメリットになり
使い勝手が良いです。乾燥機を使用すると縮んでしまうことがあるので、
干す場合には、日陰で乾かすことがベストになります。

綿は熱にも強いので、アイロンをかける際には、高温でも大丈夫です。
レーヨンは、水に弱いので水洗いは避けた方が良いです。

アイロンは中程度の温度であて布をした方が良いです。
ポリエステルは、ほとんど水を吸収しないので、洗濯機で洗うことができます。

アイロンがけは熱に弱いので、高い温度は避けた方が良いです。

Copyright(c) 2011-2022 カラクサン/風呂敷を問屋で購入するメリット All Rights Reserved.